3話 体操服JKとやりたい放題(1)

3話 体操服JKとやりたい放題(1)

ある女子高のブランドでは体育の授業が行われていました。
この話の悲劇の主人公は水崎彩香。
彼女は運動が好きな普通の女の子でしたが、誰にも言えない秘密を持っていたのです。

 

そんな彼女が行っている体育の授業。
彼女はバストサイズが大きく、最近また大きく成長してきたのを自分でも感じていました。
体操服がきつくなり、ブルマに食い込むようにお尻も大きく魅力的になってきました。
この日の体育は陸上競技。
スタートした瞬間に、校庭の片隅から一匹のコリー犬が駆け出してきました。

 

コリー犬は前世で性犯罪を行った業を持って生まれ変わってきました。
彼の前世の名は『幸田正則』。
淫行を働いた美術教師である。

 

そんな彼は今では可愛いコリー犬になって、女の子に可愛がられています。
肉棒を女子校生たちの身体にこすり付けても、怒られるどころか可愛いと言われるしまつ。
『可愛い!見てみて、ひくひくしてるよ〜』を言われて、もてはやされていました。

 

そしてこのコリー犬の飼い主は実は彩香なのでした。
腰をふって自分のクラスメイトに欲情しているコリー犬のジョンを見て、呆然をする彩香。
その原因が自分にあるからです。

 

ジョンがこんなに女性を求めてしまうのは自分に原因があると考えていたからです。
一ヶ月ほど前に、魔がさして彩香は自分のアソコにバターをぬって、ジョンに舐めさせたのです。
もともと性犯罪者の業を持っているジョンは喜んで、彩香のアソコを嘗め回しました。
今ではバターを塗らなくても、彩香のアソコを舐めることができます。
そのとき、ジョンは決めていました。
この変態思考を秘めている彩香の身体を自分のものにしてしまおうと…

 

体操着が濡れてしまった彩香は、水飲み場で服を洗うように言われました。
その後をつけるジョン。
もちろん、目的は彩香の身体です。
服を脱ごうとする彩香にジョンさ様々なイタズラをしていったのです。
もともと、うちに変態チックな欲望を秘めている彩香。
ジョンの攻めによって、その願望と身体の感度は強まっていったのです。

 

私のワンコがエッチな件について

今すぐ無料立ち読みはココ

↓↓↓↓↓