1話 私のかわいい柴犬(オッサン)(1)

1話 私のかわいい柴犬(オッサン)(1)

最近ペットを飼うのブームになっていますが、こういうペットを扱うエッチ漫画も登場しました。
漫画のタイトルは『私のワンコがエッチな件について』です。

 

この作品の世界観は非常に面白いです。
作品に出てくる犬は、前世で性犯罪を犯した人間たちなんです。
もちろん、前世の記憶もありますし、人間の話もきちんと理解することができます。
話せないのが犬のデメリットですが、もと性犯罪者の犬たちはきれいな飼い主たちを犯そうと日々考えているのです。

 

犬ですから、エッチなことがし放題です。
エッチなシーンですは、犬たちを人間の姿で描いていることです。
被害者たちは飼い犬がエッチなイタズラをしているとしか見ていませんが、読者の皆さんは人間が女の子を犯している姿にしか見えないのです。

 

第一話で登場する犯罪者犬は前世で痴漢行為を繰り返し死んだ木下哲五郎(54歳)ことポチ。
彼は犬になっても懲りることなく、飼い主の女の子 敦子をなんとか自分のものにしようと企んでいます。

 

しかし、敦子を虜にする名案が浮かばないポチ。
そんな彼にアドバイスする隣人の飼い犬モカがいました。
モカも前世で女性を犯しまくった性犯罪者。
彼の被害に合ってしまった飼い主の若い女性は、毎日のようにモカに犯される日々を送っています。
そんなモカからアドバイスをもらうポチ。

 

モカからアドバイスをもったポチはさっそく敦子を自分のものにするために実行していきます。
尿意をもようしている彼女を散歩中に連れ出して、人気のない公園の草むらに誘い込みます。
尿意を堪えていた敦子は我慢できずに、そこでおしっこをしてしまいます。

 

無防備な敦子がパンツを下ろした瞬間、ポチはアソコを舐めまわしはじめました。
突然のことに戸惑う敦子でしたが、おしっこをしている状態でポチから逃げることができません。
アソコを刺激され、気持ちよくなった敦子はポチのクンニやクリトリスの甘噛みにイッてしまいました。
なんとかポチにレイプされるところは防ぎましたが、身体はポチからの快感をしっかり覚えていました。

 

私のワンコがエッチな件について

今すぐ無料立ち読みはココ

↓↓↓↓↓